日常生活

500円玉貯金で40万円貯めると重すぎます|銀行に持っていった話

今回は500円玉貯金に挑戦してみたお話をしようと思います

僕は3年間の500円玉貯金で約43万円を貯めました

Sponsored Link

500円玉貯金のメリット

続かないという意見の多い500円玉貯金ですが、目につくところに貯金箱を置いて、気づくたびに財布にある小銭(500円玉 or 100円玉)を投入するというひと工夫をすると、案外継続することができます

毎日少しずつ重くなっていく貯金箱が、何か我が子が成長するような感じで次第に楽しくなってきます

投資をやっている身からすると、利子も配当もつかない500円玉貯金は旨味がないと感じるわけですが、次のようなメリットはあると感じています

500円玉貯金のメリット

1. 普通に楽しい

👉日々お金が溜まっていく感覚が体で感じられる(重い笑)のが楽しいです

2. 気づかないうちにお金がたまる

👉貯金箱に入れたお金は手をつけることもなければ、通帳にも記帳されないお金です、貯金箱を開封する時にはボーナスのような感じでまとまったお金が手に入ります

3. 無駄遣いが減る

👉財布に小銭があれば貯金箱へ即投入!こんなことをやっているとあっという間に財布の現金が減るので、『やばい!節約しなくては!』となります

 

一体どれだけたまったのか?実績公開!

約3年で貯めた金額は43万5400円でした!

100円玉と500円玉の二刀流で貯めました

100円玉は財布にある確率が高いので、あっという間に1缶たまり、2缶目もいっぱいいっぱいでした

500円玉の方はペースこそ上がりませんが、やはり1枚の価格が高いため額的には大きくなります

問題は銀行に持っていく時!重過ぎて大変!

圧巻の硬貨の枚数で、総重量が半端ないことになっていました!

銀行までの道すがら、強盗にあってはいけないと思い(笑)、袋に現金を入れ、さらにリュックに詰め込み銀行に向かったわけですが、これがメチャクチャ重かったですw

もうリュックの紐がちぎれるかと思うくらいで、リュックを底から両手で持ち上げて歩きました

500円玉貯金のデメリットは、銀行口座への預入だと痛感しました

でも銀行の窓口では担当の方が嫌な顔せず対応してくださいました

大量の硬貨を持ち込む人は、なにも500円玉貯金をしている人だけでは無く、商売をされている方など様々な方がいるので何も恥ずかしいことはないと思います

ただ銀行で対応してくださった方が、硬貨を入れた皿を持ち上げて『腕がちぎれる〜、よく貯めましたねw』と冗談を言ってくれたのが印象的ですw

さいごに

キャッシュレスの時代で、資産形成という意味では他にも賢い方法がたくさんあるのでオススメできるかは分かりませんが、500円玉貯金はシンプルに面白い!と思います

面白い上に気づいたら纏まったお金が溜まっているので、まあやる価値はあるかな?という感じです

時代にそぐわない記事になってしまったかもしれませんが、何かの参考になれば幸いです!

ちなみに僕は、第二弾の500円玉貯金を細々と進めています!

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ランキング参加中です!

Sponsored Link
関連記事をチェック