株式投資

買って大丈夫?株式投資をする際に自分に問いかけたい質問5選

株式投資で買った銘柄の価格が下落し、大きな損を確定した経験がある人は多いと思います。僕自身も思いつきで買った銘柄で、思わぬ損失を出してしまった経験があります。

この記事では、株式投資で失敗を繰り返さないために、買い注文前に自問自答したい質問をご紹介します。

5つの自問自答を紹介しますので、良いと思った質問をぜひ活用してみてください。それでは最後までよろしくお願いします!

Sponsored Link

株式銘柄を買うときに自分に問いかけたい質問5選

先日、たぱぞうさんの記事に対して、以下のようなリツイートをしました。

投資において株価の暴落があるのは当然であり、長期投資を決めてその方針がブレないことが重要だと発信しました。

投資で意識するべきこと
  1. 株価の暴落があるのは当然だ!
  2. 長期投資を決めてブレずに継続しよう!

長期投資をする方針は個人投資家にとって極めて重要ですが、長期投資をするためには優良な銘柄を保有することが必要です。

ここでは優良な銘柄を保有するために、購入前に自問自答したい質問をご紹介します。

その資金失っても生きていけますか?

かっぱ
かっぱ
その投資資金消えても生きていける?
ぴよこ
ぴよこ
資金消えたら生活厳しいぴよ
まず一つ目の質問は『その資金失っても生きていけますか?』です。

仕事をして稼いだ大切な資金を投資するわけです。

その場の思いつきで投資ををすると思わぬ損失を出しかねません。

汗水垂らして稼いだお金が一度にパァとなれば、精神的にショックは計り知れません。

 

それから投資において全力を投じることは避けなければなりません。投資した銘柄が含み損を抱えてしまうと、現金に変えることは難しくなるからです。

生活に必要な資金を投資に投じている場合、急な支出が重なった時に現金を準備するのが難しくなるので『失っても大丈夫な分だけ』で投資をしましょう。

その銘柄に投資する理由を説明できますか?

かっぱ
かっぱ
その銘柄買う理由は何なの?
ぴよこ
ぴよこ
ちゃんと説明できないぴよ
二つ目の質問は『その銘柄に投資する理由を説明できますか?』です。

思いつき投資は思わぬ損失に繋がります。自分の力を過信してはなりません。市場はプロ集団の集まりです。

なぜその銘柄に投資するのか、理由を明らかにしておくこと、場合によっては紙に書き起こしておいた方が良いです。

なぜなら株価が下がった時に、その銘柄を保有する自信がなくなってしまうからです。

市場のプロ集団は、好業績の銘柄に対して売りを浴びせてくることもあります。個人投資家の裏をかいて空売りを仕掛けるためです。

そのような場合、株価は下落してしまいますが、それは短期的。長期的には業績を反映して株価は上がっていく可能性が高いです。

もし銘柄を保有する自信がなくなれば、下りゆく株価に不安を覚えて株を手放してしまうかもしれません。そうなれば市場のプロ集団の思う壺です。

だからこそ、銘柄を買う前に自分が買う理由を明らかにしておくべきなのです。

短期的に設ける必要がありますか?

かっぱ
かっぱ
短期間で儲けたい感じ?
ぴよこ
ぴよこ
サクッと儲けるピヨ
三つ目の質問は『短期的に設ける必要がありますか?』です。

株式市場は思わぬ動きをします。急に株価が上がったり、急に株価が下がったりします。

思い通りいかないのが株式投資です。

短期的に利益を上げたいと思うと、思い通りいかずにイライラするばかりです。

ぴよこ
ぴよこ
買った瞬間に値下がりしたピヨ

もし短期的に設ける必要があると感じるのであれば、投資は慎重になるべきです。短期的に儲かる銘柄は極端に少ないと考えた方が良いでしょう。

長期的に保有し、じっくりと利益を出せる銘柄を選ぶように心がける必要があると思います。

周りの投資家は浮かれてますか?

かっぱ
かっぱ
まわりの投資家は儲かってそう?
ぴよこ
ぴよこ
みんな利益出て幸せピヨ
四つ目の質問は『周りの投資家は浮かれてますか?』です。

株式市場が大きく値を下げる時はバブルが弾ける時です。

バブルは市場参加者ほとんどに利益が出始め、みんなが強気になっている時に形成されるものです。

最もわかりやすいのは、周りの投資家が浮かれているかどうかです。みんなが利益の狂喜し、買いが買いを呼んでいる状況なら、投資は控えた方が良いでしょう。

投資に慎重になるために、周りの投資家の様子を確認することも大事です。

似た商品を持っていませんか?

かっぱ
かっぱ
似たような銘柄ばかり買ってない?
ぴよこ
ぴよこ
グロース株買いまくるピヨ
最後の質問は『似た商品を持っていませんか?』です。

投資の基本はリスク分散ですが、自分の知識は偏っているのが当然です。自分が好んで買う銘柄はついつい偏りがちになります。

現在保有している銘柄と同じ業界の銘柄を買おうとしていたり、同じ銘柄を強気で買い増ししすぎたりするのは危険です。

買い注文を出す前に、一度自分のポートフォリオに立ち帰り、自分の資産のどういう位置付けで買うのかを自問自答することで適切なリスク分散をすることができます。

さいごに

今回は株式投資をする際に自問自答したい質問5選をご紹介しました。

買う前に自問自答したい5つの質問
  1. その資金失っても生きていけますか?
  2. その銘柄に投資する理由を説明できますか?
  3. 短期的に設ける必要がありますか?
  4. 周りの投資家は浮かれてますか?
  5. 似た商品を持っていませんか?

その場の思いつきで買ってみたり、相場の急騰に送れまいと躍起になって買ったりする場合があるかもしれません。そのような投資は得てしてうまくいきません!

投資をする時は冷静に、自分の投資方針と照らし合わせて注文することが大事です。今回ご紹介した質問を自分に投げかけて、それでも買おうと思える銘柄であれば注文すると良いでしょう。

僕が普段意識している5つの自問自答です。何か良いと思う自問自答があれば、ぜひ活用してみてください!

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック