株式投資

IPO辞退すべき?SBI証券でペルセウスプロテオミクスに補欠当選

SBI証券のIPO補欠当選で購入辞退

株式投資で利益を出すチャンスが大きいと言われているのがIPO株への投資です。

IPOとはInitial Public Offeringの略語で、新規公開株のことを指しています。企業が株を投資家へ売り出すことで、証券取引所に新規上場する際に購入が可能となります。

今回はSBI証券で申し込みをしていたペルセウスプロテオミクスに補欠当選したことの紹介と、補欠当選した際の注意点について解説します。

* 本記事は特定の銘柄を推奨するようなものではありません、また個人の考え方をまとめたものです。投資の判断はご自身でお願いいたします 

Sponsored Link

SBI証券でペルセウスプロテオミクスに補欠当選

補欠当選していた!!

僕はIPO銘柄の取扱数の多いSBI証券で申し込みをしています。今回はペルセウスプロテオミクスのIPOに補欠当選しました。上場規模が33億円程度の創薬系バイオベンチャー企業です。

補欠当選すると購入の意思を証券会社に提示する必要があります。ただし補欠当選なので、当選者の購入キャンセルなど、株式に空きが出ないと買うことができないということになります。

補欠当選に申し込みすると、SBI証券に入れている余力資金がIPO用に拘束されることになります。これは大きなデメリットとなります。なぜなら他にもIPO銘柄に抽選申し込みをしている場合、買付余力を確保しておく必要があるかです。

SBIのシステムの場合、抽選応募した銘柄を買えるだけの余力がなければ、抽選に参加することができなくなってしまいます。

つまり補欠当選に申し込みし、余力が拘束されてしまうことは、他のIPO抽選に対してマイナスの影響が出てしまうということです。

ペルセウスプロテオミクスの売り出し価格は870円で、当選株数は100株だったので、87,000円が拘束されることになります。

僕の買付余力は多くはありませんので、補欠当選は泣く泣く辞退することにしました。

SBI証券でのIPO株申し込み

SBI証券ではIPO株を申し込む際のポイントがいくつかあるのでまとめておきます。

抽選申込では資金拘束されない

SBI証券の場合、新規上場株式ブックビルディング(IPO株の抽選に申し込むこと)に参加するだけなら、資金が拘束されることはありません。

証券会社によっては、抽選申込の時点から、必要資金が拘束される場合もあります(マネックス証券など)。資金拘束がないので、余力の少ない人でも複数の銘柄に抽選申込することができます。

IPOポイントチャレンジがもらえる

SBI証券では、たとえIPO抽選に外れても、チャレンジポイントがもらえます。1抽選に外れたら1ptです。

IPO株に当選するのは至難の業、なかなか当たりません!

それもそのはず。上場時の発行株数は少なければ少ないほどプレミアがつきます。上場後に株価が上昇するのであれば、みんな欲しいはずです。有望株ほど、抽選に当たらないというのが私の経験上の感覚です。

貯めたポイントは、IPO抽選に使うことができます。ポイントを使うことで、IPO株に当選しやすくなるというメリットがあります。

銘柄の人気によって必要ポイント数は違います(公開されていません)。当選した人の情報によると、100-400ポイントが必要だったというケースもあるようです。

チャレンジポイントを使って抽選に申し込み、抽選に外れた場合は使ったポイントは手元に戻ってきます。

欲しいと思った銘柄があれば、積極的にポイントを使って申し込んでも大丈夫です。

補欠当選辞退するとポイントは貰えない

残念ながら補欠当選を辞退するとチャレンジポイントは貰えません。

しかし不人気な銘柄に補欠当選した場合に、繰り上げ当選できて購入を進めてしまうと公募価格割れを起こす可能性も考えられるため、購入を辞退するのも選択の一つ。購入に当たっては慎重な判断が求められますね。

さいごに

今回はSBI証券でIPO株に補欠当選したことを紹介しました。そして補欠当選した銘柄を辞退することにしました。

補欠当選すれば繰り上げ当選でIPO株を購入できる可能性がありますが、繰上げとならない場合は資金だけが拘束され、株を購入することはできません。

またSBI証券ではIPO株に外れてもチャレンジポイントがもらえるので、将来のIPO株の購入のチャンスが広がります。残念ながら補欠当選してしまうとポイントは貰えません。

IPO株は購入が難しいとあきらめず、まずはポイント狙いで購入してみるのもアリだと思います!以上、何か参考になれば幸いです!

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック