株式投資

株価下落|ネオモバでナンピン買いは有効か?検証結果を紹介

ナンピン(難平)買いとは『株価が下落している時に、株を買い増すことで平均取得単価を下げる』方法です。

例えば2000円で100株買った銘柄の価格が1900円になった時、さらに100株を買い増せば平均取得単価は1950円になります。

ナンピン買いの例
  1. 銘柄Aを2,000円@100株で取得
  2. 株価が2,000円から1,900円に下落
  3. 100株を追加で取得(ナンピン買い)
  4. 合計で銘柄Aが1,950円@200株

平均取得単価が下がったので、将来株価が上昇していけばうまく利益を出せそうです。ナンピン買いは有効な手段に感じるので、実際に経験した人も多いのではないですか?

一方で『下手なナンピンスカンピン』という投資格言があるように、ナンピン買いは難易度が高く、うまく機能しないことも多いと言われています。

下手なナンピンスカンピン

ナンピン買いをすると保有株数が増えるので、さらに株価が下落すれば一気に損失が膨らんでしまう。

今回はSBIネオモバイル証券でナンピン買いをした結果について『うまく機能したのか?』について考え、ナンピン買いは大きなリスクがあることについて解説します。

* 本記事は特定の銘柄を推奨するようなものではありません、投資の判断はご自身でお願いいたします 

Sponsored Link

ネオモバでナンピン買いは有効か?

このブログではよく取り上げている【SBIネオモバイル証券】ですが、その最大のメリットは1株から投資ができるということです。

100株単位での売買と比べて購入タイミングを分散できるので、たとえ初回購入時より株価が下がってもナンピン買いで取得単価を下げられます。

それでは高値掴みをしてしまった銘柄のナンピン買いは有効でしょうか?

答えはNO!です。もちろんナンピン買いはうまく機能することもありますが『下手なナンピンスカンピン』が表しているように、下落し続ける銘柄をいくら買い増ししたって意味がありません。

ぴよこ
ぴよこ
ナンピンで単価下げてサイコー
かっぱ
かっぱ
ナンピンは注意しないと傷口が広がるよ!

つまりナンピン買いは見極めが重要ということです。詳しく解説していきます。

日経平均株価のパフォーマンス

今回はネオモバで実際に購入している『イントラスト』『ダブルスタンダード』の事例をもとにご紹介します。

初めに比較対象として日経平均株価のパフォーマンスを確認しておきましょう。

日経平均株価の日足チャート日経平均株価の日足チャート

日経平均株価は11月以降に押し目をこなしながら大きく上昇しました。

かっぱ
かっぱ
2月初旬に向けて30%近く値を上げたね

株価が下がる局面はほとんどなかったので、日経平均に連動するような銘柄であれば、どのタイミングで買っても含み益が出たということです。

かっぱ
かっぱ
順張りしておけば儲けられたね!
ぴよこ
ぴよこ
ナンピンした銘柄が全然株価上がらないピヨ!

イントラスト(7191)

さてイントラストは8月から購入を開始しています。まずは株価チャートを確認しましょう。

イントラストの日足チャート

どうですか?10月中旬から右肩下がりのチャートになりました。

10月後半から株価下落に伴い、含み損が生じているためナンピン買いを実施しました。平均取得単価は、8月から12月に向けて906円880円884円876円868円と推移しました(年間報告をご覧ください)。

しかし買えど買えど、株価は上昇することはないので含み損を拡大させるだけの結果となりました。依然として株価は安値を更新しているので、ナンピンは機能するどころか、むしろ含み損を拡大させるだけとなってしまいました。

かっぱ
かっぱ
ナンピンしても取得単価下がるだけで、儲けは出なかったね

ダブルスタンダード

次にダブルスタンダードを見ていきます。イントラストと同じく8月から購入を続けています。まずは株価チャートを確認しましょう。

ダブルスタンダードの日足チャート

同じように株価は下落トレンドとなりました。移動平均線を注意してみると、短期線が長期線を上抜いている点が、イントラストとは違うところです。中期線も長期戦を上抜けようとしているので、大事な局面となっています。

8月から12月に向けて5,123円5016円5012円4778円4504円と推移しました(年間報告で紹介しています)。1月のポートフォリオ報告時点39株平均取得単価4,456円となっています。

つまり現在の株価がちょうど損益分岐点というところです。当初は5,000円を上回る取得単価だったので、ある程度はナンピン買いが機能しているとも言えます。

かっぱ
かっぱ
反発を期待できるけど、ナンピン期間中全くもうけ出なかったね

ナンピン買いに対する考察

イントラストとダブルスタンダードの経験から学んだことについて考察します。ナンピン買いは次の2つの点から有効ではないと考えています。

ナンピン買いは損失を拡大する

イントラストの事例では、ナンピン買いを繰り返すも、購入後に株価が全ての購入価格を下回る展開が続いています。これは株価が右肩下がりの推移を示しているためです。

つまり買えば買うだけ含み損が増えるので、損失を拡大させ続ける展開が続いているということです。

ナンピン買いをしなければ、平均取得は下がらなかったですが含み損の拡大は最小限に抑えられたことになります。

かっぱ
かっぱ
ナンピンして投資額が出なくなれば、株価下がる時のダメージがでかいね!
ぴよこ
ぴよこ
ナンピン銘柄の含み損がやばいピヨ〜

ナンピン買いは機会損失を生む

ダブルスタンダードの事例ではナンピン買いをした甲斐あって、平均取得単価が損益分岐点の付近であり、今後の反発次第では含み益が拡大する可能性があります。それでもナンピン買いが正解だったとは言えないです。

これまでのナンピン買いを通して、2021年1月時点でのダブルスタンダード保有額は173,784円となり、ネオモバポートフォリオの中で最も評価額の大きな銘柄となりました。しかし8月からのナンピン買いを通して利益は伸びておりません

この間の日経平均の成長率は30%の値上がりを示しました。日経平均に連動する銘柄を買い続けていれば、それだけ利益を伸ばすことができたということです。

ナンピン買いに資金を集中させるということは、値上がりを示す銘柄への投資チャンスを逃すことにつながるため、機会損失という非常に大きなリスクを孕んでいることが分かりました。

かっぱ
かっぱ
ナンピンしてる間に他の銘柄はぐんぐん利益が出てるね
ぴよこ
ぴよこ
みんな利益出てるのに、ぴよの銘柄はずっと足踏みピヨ

さいごに

今回はネオモバでナンピン買いは有効かどうかを考察してみました。ナンピン買いは平均取得単価を下げるという観点では有効ですが、本来の投資の目的である資産を増やすという結果には一切結びついていないことが分かりました。

将来に株価成長が期待できる銘柄をナンピン買いするのは資産を増やす上で有効な手段になる可能性が高いです。

しかし価が成長するかを見極めるのは相当な分析と洞察力が必要であり、たとえプロが投資をしても、株価の成長を確実に当てることなど不可能ということを忘れてはなりません。

銘柄に惚れ込んでひたすら買い続けるのではなく、分散投資をしながら上昇のタイミングを見極めるということも重要ですね。以上、何か参考になれば幸いです!

はやく株価あがってくれ〜笑

銘柄AとBのどちらを売りますか?

自分が購入した株を早々に利益確定して、含み損をいつまでも抱えていませんか?買値の呪縛に囚われず、利益の出る株は大切に保有し、損失を抱える株は切ることが必要です。そのためには『トレードの記録』をつけ、自分の投資にルールを設けることが重要です。

ナンピン買いにおいても、過去のトレード記録が買いのタイミングの判断材料になります。投資記録を自動化して、無理なく投資記録をつけて自分のトレードを振り返りたいものです!

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック