株式投資

時間の無駄!僕がIPO投資を辞めた理由|ズバリ当たらないからです

IPO投資とは新規上場株に投資をする投資法です。将来が有望な企業の株式は多くの投資家が保有したいと考えることから、新規上場日に株式を保有できるIPO投資では利益が出やすいと言われています。

銘柄の見極めができれば勝率の高いIPO投資ですが僕はIPO投資をやめることとしました

その理由はズバリIPO株の抽選に当たらないからです。

購入に必要な資金が拘束される一方で、全然抽選に当たらないので、利益が出ずに時間だけが過ぎていきます。

この記事では僕がIPO投資を辞めた理由と、現在も続けている唯一のIPO投資の事例についてご紹介します。

* 本記事は個人の考えを示すもので、推奨するようなものではありません、投資の判断はご自身でお願いいたします 

Sponsored Link

僕がIPO投資を辞めた理由

冒頭でも紹介した通り、僕がIPO投資を辞めた理由は『全然抽選に当たらないから』です。

3年以上IPO投資に取り組んできましたが当選したのはゼロです(期待できない銘柄に当選したことはありますが、購入を辞退しました)。

購入に必要な数十万円が拘束されたまま、時間だけが過ぎていき、その間1円も利益を生みませんでした。それなら高配当株に投資して、配当金をもらった方がよっぽど儲かったワケです。

かっぱ
かっぱ
もっと資金をうまく活用できたはずなのになぁ

例えば僕はマネックス口座でIPO抽選に申し込んでいましたが、マネックスでは抽選申し込みした時点で購入に必要な資金分が拘束されます。当選の結果発表があるまで、その資金では上場株の売買に使うことすらできません。

資産を増やすために投資をしているのに、IPO投資に挑戦したことで、時間だけが過ぎて資産は一切増えませんでした。これでは負けているのも同然です。

以上の理由からIPO投資はやめることにしました。

1口座だけはIPO投資を継続!

野村、SBI、マネックスの3口座からIPO抽選に申し込んでいましたが、現在もSBI証券の口座だけはIPO投資に使っています。

なぜならSBIではたとえIPO抽選から外れてもチャレンジポイントがもらえるかです!

チャレンジポイントを貯めれば、優先的にIPO当選を受けることが可能になります。必要なポイントはその銘柄の人気度によって異なりますが、ポイントを貯めておけば将来欲しい銘柄が出てきたときに有利です。

またマネックス証券のように、抽選申し込み時の資金拘束もありません。もちろん抽選日に余力が購入必要資金を下回っていると抽選対象外となってしまいますが、資金拘束されないのは助かります。

かっぱ
かっぱ
とりあえず抽選申し込みだけしてポイント貰い続けているよ

おそらくSBI証券でも有望銘柄のIPOは当たる確率が低いです。でもコツコツ継続してポイントをゲットして、将来有望な銘柄で大きく儲けたいと夢見る毎日です!

大きく儲けるIPO投資

最後にコツコツとポイントを貯めるモチベーションに2020年のIPOで最も初値の上昇率が高かったヘッドウォータース(4011)を振り返ってみようと思います。

公募価格は2,400円でした。100株投資で24万円の投資資金が必要だったことになります。これに対し、初めて値がついたのは28,560円でした。つまり100株で285万6千円です。260万円近くの利益が出たことになります。

かっぱ
かっぱ
IPO投資って夢あるね!当たったことないけど笑

下のチャートに示すように、寄り付いてから3日間は株価が上昇しました。最大で36,000円まで株価上昇しているので驚きです。

ヘッドウォータースの日足チャート

さいごに

今回は僕がIPO投資から撤退した理由と、現在も細々と続けているIPO投資の戦略について解説しました。

大きくそして確実に儲けたいという理由から始めたIPO投資ですが、3年以上継続して利益はゼロ、資金が拘束され機会損失があったのみでした。これから先も機会損失するのは辛いのでIPO投資からは撤退します。

それでもSBI証券のように抽選に外れたとしてもポイントがもらえるのであれば、こちらだけは継続する理由がありますね。将来へ利益への投資だと割り切れるからです。

ポイント集めだけコツコツ頑張ろうと思います!以上、何か参考になれば幸いです!

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック