資産形成

【いくら貯まる?】投資家デビューに向けて投資をシミュレーション

投資をシミュレーションして投資家デビュー

投資をやってみたいけど、今から投資したらどのくらいの資産を築くことができるのか?そんな疑問を持ったことはありませんか?こういう時には実際にシミュレーションしてみるのが良いです。投資では運用利回りを加味したシミュレーションが必要で、中でも知っておきたいのが複利効果です。

老後資金2000万円問題が議論される中、労働者から投資家に転身することは現代人にとって必須であるように感じます。この記事では『これから投資したらいくら貯まる?』をイメージするために、シミュレーターを使ったシミュレーションを行ってみようと思います。

この記事でわかること
  1. 各個人にあった資産運用のシミュレーション結果
  2. 投資方針の立て方
この記事を書いた人

投資家かっぱ

資産形成に取り組むサラリーマンかっぱ。配当株と成長株のダブル投資戦略により、豊かな資産を築きのんびりと生活するのが夢。Twitterでも投資に関して呟いています。

* 本記事で紹介するのはあくまでもシミュレーションの方法と結果であり、将来の投資成績を保証するものではありません。シミュレーターの計算は、1年間の積立金額の合計を算出し、その合計資産に対する積立期間と年間の想定利回りを加味した運用益を算出するという計算式を採用しています。

Sponsored Link

投資家デビューに向けて投資をシミュレーション

まずはいくら投資したらどのくらい資産が貯まるのかをシミュレーションしてみます。次の章にシミュレーターを配置していますので、ここではその使い方を解説します。

今回作成したシミュレーターは『毎月の積立金額(円)』『年間の想定利回り(%)』『積立期間(年)』の3つを設定して計算をします。年間の積立額に対し想定利回りを適用し、運用益を計算します。また積立期間に応じて複利効果を加味した運用益を計算することとしました。

フォームの入力例は、次のキャプチャをご覧ください。

資産運用シミュレーターの使い方資産運用シミュレーターのキャプチャ

今回は月に5万円を投資し年間平均3%で運用益を出せると仮定しました。

この投資を20年継続した結果、投資元本『1200万円』に対し、運用益が『460万5891円』発生し、最終積立金額は『1660万5891円』となりました。複利効果により、最終積立金額は投資元本以上に大きく増えていることが分かります。

株式投資の平均利回りは5%前後と言われていますので、今回設定した3%という利回りは非現実的な数字ではないことが分かります。また早く投資を開始し、20年という長期間運用することで、運用益が大きく成長することがいかに大事かが分かりますね。

それでは次の章で自由にシミュレーションしてみてください!


投資方針の立て方

シミュレーターに入力したのは『毎月の積立金額(円)』『年間の想定利回り(%)』『積立期間(年)』でした。

毎月たくさんの金額を、利回りの高い商品に積極的に投資し、長い間投資生活を送りたいと考えがちです。

しかし安易な考え方は投資を成功に導きません。僕は、投資を通して自分がどのくらいの資産を手に入れたいのかを考えて、次の3つのルールを守ることが大事にしています。

投資資金のルール

積立金額は『余裕資金を投資に回す』という方針を守る。

投資の世界では予想できないことだらけです。突然の株価暴落だってありうるわけです。全力投資してしまうと、生活に必要な資金を確保できない事態が起こり得ます。『生活防衛資金』は確保した上で、余っているお金を投資に回すことが重要です。

投資と生活防衛資金の考え方

僕の場合毎月の労働収入があるので『3ヶ月分の月収』を維持できるようにして、残りの資金を投資に投入しています。

自分のリスク許容度に合わせて、現金と投資額を決めましょう。

投資利回りのルール

投資利回りは『高すぎる利回りは避ける』という方針を守る。

例えば配当利回りが高すぎる銘柄には『何かしらのわけ』があります。

過去に、日産自動車の配当利回りは7%に迫る超高配当でした。しかし業績悪化に伴い、2020年は年間配当が57円から10円と『大幅減配』となりました。配当銘柄ということで投資家は失望ムード一色で株価は急落しました。

日産_2020年大幅減配で株価下落

こうなると年間の利回りがプラスどころか、保有資産が大きく目減りしてしまいます。利回りだけを追求しない銘柄選択が重要です。

投資期間の考え方

全力でリスクのある金融資産に投資できるのは『労働を続けている間』というルールを守る。

世界的な投資家であるウォーレン・バフェットは90歳の現在でも現役の投資家です。しかし一般的人にとって、こんなに年を召しても投資を続ける人は少ないでしょう。

毎月安定した労働収入があるからこそ、リスクのある金融資産を毎月購入できますが、収入がなければ投資を続けるというのはなかなか簡単なことではないでしょう。一般的に言われているルールの一つに『株式配分=100-年齢』という考え方があります。

投資における株式と債権の比率:年齢を考慮

歳をとった分だけ株式の比率を下げて、債券のようなリスクの低い金融資産に投資しようという考え方です。

自分が『今何歳で退職まであと何年あるか』を考えて、投資できる期間を計算すると良いでしょう。いかに早く投資を始めることが重要かがよく分かりますね。

さいごに

今回は投資の複利をシミュレーションして、通しを通してどのくらいの資産を築くことができるかを考えてみました。資産形成では自分がどのくらいの資産を手に入れたいかを決めて、『いくら積立てて』『どのくらいの利回りで運用して』『何年継続すれば良いか』を考える必要があります。シミュレーターをうまく活用して計画的に投資したいものです。

以上、何か参考になれば幸いです。

資産形成に向けた証券口座開設

投資で資産形成するには証券口座を開設する必要があります。

マネックス証券ならネットで手続きできるから簡単・便利です。

口座を開設して資産形成!

マネックス証券の特徴

手数料無料のマネックス証券なら、お手頃な手数料と充実の商品やサービスで投資初心者も安心して利用できます。

はじめやすい手数料

マネックス証券なら投資信託の購入申込み手数料が無料です。また手数料の一部を一定額までキャッシュバックするプログラムも充実しています。

取扱商品が豊富

マネックス証券は取扱商品が豊富なので、さまざまな投資スタイルにマッチします。日本株投資信託FXはもちろんのことIPO米国株金やプラチナなどのコモディティまで幅広い投資に対応しています。

ツール、投資情報が充実

投資をする上で欠かせないのが銘柄や商品の分析。取引や資産管理を行うのに便利なツールやアプリが充実しています。またマネックスオリジナルのレポートを毎営業日更新しています。

 

マネックス証券で資産形成!

 

マネックス証券なら『少額で投資をしたい』『節税して賢く投資したい』『分析ツールを駆使して投資したい』というニーズにマッチしています。

マネックス証券がオススメの人

少額から始めたい人

  1. マネックス証券ならワンコイン(100円)から投資信託を積立可能。
  2. 投資信託の買付にかかる購入申込手数料は全銘柄が無料。
  3. 積立方法は『毎日』や『毎月』が選べる。
  4. 残高に応じてマネックスポイントが貯まり、Amazonポイントなどに交換可能。

 

節税して投資したい人

  1. 一般NISAやつみたてNISAの開設ができる
  2. 個人型確定拠出年金(iDeco)ができる

 

分析ツールを駆使したい人

資産分析ツール『MONEX VISION』でできること

  1. 保有資産の詳細分析
  2. 将来リターン予測や追加購入提案
  3. 生涯終始シミュレーション
  4. 金融工学に基づいた資産設計アドバイス

 

資産分析ツール『MONEX VIEW』でできること

  1. 保有資産の変化をグラフで可視化
  2. 商品別、資産別の表示で資産の動きを簡単に分析

投資家デビューして資産形成

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック