資産形成

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果

SBI・V・S&P500インデックス・ファンドの積立を開始してから2年が経過しました!

普段は日本の個別株を取引しているので、米国株の取引は初心者です。そんな僕が基準価格推移も気にすることなく、2年間気絶しながらSBI・V・S&P500に投資してみました。

コロナショックで一時は評価額が大きくマイナスに転じましたが、現在では+33%を上回る評価額となりました。気付いたらお金が増えていました!

この記事ではSBI・V・S&P500インデックス・ファンドに小遣い(1日300円)を投入し続けた結果、どのように資産が増えたかを解説します。そしてSBI・V・S&P500インデックス・ファンドを活用した気絶投資法の魅力についてもご紹介したいと思います。

それでは楽しく資産を増やしていきましょう!!

この記事で分かること
  1. SBI・V・S&P500を2年積み立てた結果
  2. SBI・V・S&P500の買い方
  3. 気絶投資法の魅力

この記事を書いた人

投資家かっぱ

資産形成に取り組むサラリーマンかっぱ。配当株と成長株のダブル投資戦略により、豊かな資産を築きのんびりと生活するのが夢です。Twitterでも投資に関して呟いています。

* 本記事は特定の事象や銘柄を推奨するようなものではありません、投資の判断はご自身でお願いいたします 

Sponsored Link

SBI・V・S&P500を積み立て始めた理由

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:投資する理由

ズバリ『気軽に米国市場に投資できるから』積み立て始めました。

かっぱ
かっぱ
個別銘柄に詳しくなくてもOK!!

米国市場の銘柄は株価がグングンと成長し、投資対象として非常に魅力的でした。しかし個別銘柄を分析するには言語の壁も大きく、投資するのは難しいと感じていました。

しかしSBI・V・S&P500なら、米国市場全体に投資ができ、個別銘柄の分析も必要ありません。しかも日本円で買付できるため、面倒なドル円交換も気にする必要がありません。

つまり面倒な手間をかけずに、成長を続ける米国市場に投資ができるのです。気軽に米国株投資をしたかったので、SBI・V・S&P500を選びました。

SBI・V・S&P500を2年積立した結果

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:成績

投資額は1日たったの300円です!

お昼の弁当代よりも少ない金額をコツコツと毎日投資していきました。

これぞ庶民の投資です!笑

自分の捻出できるお小遣いをコツコツ積立しました。

かっぱ
かっぱ
コツコツ投資も馬鹿にできないよ

 

9月10日時点の保有金額は198,883円で、評価損益は+50,282円でした。つまり評価益は+33%で、ほったらかし投資でお金が3割以上も増えていました

下のチャートをご覧ください。S&P500指数の推移です。

S&P500の週足チャート

2019年に積立を開始し、年末にかけて指数は上昇しました。そしてロナショックに襲われ、指数は大きく暴落しました。

しかし暴落もなんのその!

SBI・V・S&P500は機械的に毎日300円買うことになっています。ひたすら毎日買い続けた結果、指数はコロナショック前の価格を大きく上抜け、グングンと成長していきました

毎日買い続けた結果、資産は3割以上増えていました!

かっぱ
かっぱ
暴落の安値を拾えたのが効いてるね!

SBI・V・S&P500の買い方

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:買い方

すでに書いた通り1日300円ずつ買いました

現在はお得に積立するべく、クレカ積立に切り替えています。クレカ積立は月に1回しか買付できないので、クレカ積立設定後は毎月6,900円(23営業日×300円)をまとめて購入しています。

2021年6月より、SBIでは投資信託のクレカ積立が始まりました。クレカで投資信託を買うと、ポイント還元されるお得なサービスです:【超お得】インデックス投資信託のクレカ積立でポイントゲットする方法

 

現金購入にしろ、クレカ積立にしろ、自動購入の仕組みを作り買い続けることがポイントだと思います。

なぜなら市場価格がどんな動きをしようと、初めに決めた一定額を淡々と買い続けることで、感情を抜きにして投資ができるからです。

価格が暴落すれば『安く買えるからラッキー』、価格が上昇すれば『資産が増えるからラッキー』と考えて投資するのです。

SBI・V・S&P500のメリット

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:メリット

インデックス投資をしたい場合、投資対象商品はたくさんありますよね。なぜSBI・V・S&P500を選んだのか解説します。

手数料が安い

注目すべきはSBI・V・S&P500のメリットは手数料の安さです。

信託報酬(投資信託を保有している期間にかかる手数料)は0.0938%と業界最安値の水準です。投資商品を保有しているだけで取られる手数料ですから、信託報酬が高い商品に投資するほど馬鹿らしいことはありません。

資金流入が増え続けている

SBI・V・S&P500の資金流入量は、2019年9月の設定以来増え続けています。SBIの投資信託ランキングにおいても、常に1位にランクインする人気商品です。人気の高い商品に投資したい場合、資金流入が増加し続けている点が非常に魅力的です。

かっぱ
かっぱ
決め手は手数料!無駄なコストはカット!

SBI・V・S&P500の主要構成銘柄

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:主要構成銘柄

SBI・V・S&P500の上位組入銘柄について確認しておきましょう。2021年7月30日時点の上位10銘柄は以下の通りでした。

上位10銘柄 比率
アップル 6.17%
マイクロソフト 5.79%
アルファベット 4.26%
アマゾン・ドット・コム 3.85%
フェイスブック 2.30%
テスラ 1.43%
バークシャー・ハサウェイ 1.43%
エヌビディア 1.31%
JPモルガン 1.24%
ジョンソン&ジョンソン 1.22%

どうですか?名だたる世界的企業のGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)が上位5位を独占しております。GAFAMは株価が成長し続けるグロース株の代表銘柄です。

 

SBI・V・S&P500の投資を始める前の僕は、米国市場の株価成長を指を加えて見ているだけでした。米国株投資は難しそうと思い、利益獲得のチャンスを逃していたのです。

しかしSBI・V・S&P500に投資することで、GAFAMの成長から得られる利益を手に入れることができたことになります。

これは投資信託を購入することで、手軽に米国市場に投資できるということです!

かっぱ
かっぱ
米国株の恩恵をゲット!

インデックスの気絶投資が最強説

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:気絶投資法

積立設定の存在すらも忘れて、機械的に投資信託を買い続ける投資法を『気絶投資』と呼んでいます。

僕はこの気絶投資が最強だと思います!

 

投資で利益を生むために邪魔な存在は『欲と恐怖心』です。

投資では株価がまだ伸びると思い込み利益を最大化したい欲が出たり、目の前の株価暴落に恐怖を怯えて不要な損切りをしたりするのが常です。

投資における欲と恐怖心
  1. 欲:まだ伸びる!利益を最大化したい!
  2. 恐怖心:もっと暴落しそう。損切りしなくちゃ・・・

投資センスのある人は、自分の感情のコントロールに長けています。

残念ながら殆どの投資家は感情をコントロールできません!

 

インデックス投資は指数に連動することを目指しています。しかも運用するのは自分ではなく、運用機関です。

コロナショックで分かった通り、暴落が来ればその暴落に従う以外ありません。市場はコントロールできるものではないのです。

かっぱ
かっぱ
暴落時に利益を出すなんて僕には無理!

 

自分の感情は全て捨て去り、運用は機関に任せる。そして自分は気絶してひたすら資金を投入する。こうすることで暴落時の安値をもれなく拾い、市場の成長の波にも素直に乗ることができます

一切無駄がない気絶投資こそ、僕の資産形成を後押しする最強の投資法だと思っています。

SBI・V・S&P500の基本情報

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:基本情報

さいごにSBI・V・S&P500の基本情報をまとめておきます。

名称

名称はSBI・V・S&P500インデックス・ファンドで、SBI・V・S&P500という愛称で親しまれています。

運用方針

バンガード社の『バンガード・S&P500ETF』を通じて、S&P500指数に連動して成果を上げることを目指しています。

手数料

信託報酬は0.0938%程度とされており、信託財産留保額や解約手数料はなしとなっています。

基準価格

基準価格の推移は以下の通りです。

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:基準価格の推移

S&P500に連動した推移を示しており、コロナショック時の暴落、そしてその後の価格回復の様子が伺えます。

純資産額推移

純資産額の推移は以下の通りになっています。

資産増加|米国株初心者がSBI・V・S&P500を2年積立した結果:純資産総額の推移

2021年9月9日時点の純資産は3124億5700万円であり、2019年9月の設定日以来、大きく増えていることがわかります。

トータルリターン

9月9日時点における過去のトータルリターンは以下の通りです。

期間 トータルリターン
1ヶ月 +2.98%
6ヶ月 +22.90%
1年 +36.12%
設定来 +58.49%

2021年は順調に基準価格が成長していることが伺えます。設定来では +58.49%と非常に大きく成長しています。

さいごに

今後も米国市場には投資を続けたいと思います。今のところ米国の個別株を購入する予定はなく、SBI・V・S&P500の積立といったインデックス投資で米国市場全体を買うことを継続していきます。

短期で稼ぐことは考えず、長期的にのんびりと資産形成ができるのがインデックス投資の魅力ですね!これからもコツコツと積み立てたいと思います。

 

\投資信託のクレカ積立ならコレ/

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック