資産形成

投資信託|SBIバンガードS&P500を1年半気絶で積み立てた結果

米国株の投資信託の『SBI・バンガード・S&P500』の積立を開始してから1年半が経過しました。

米国の個別株は業績の分析が難しいとの理由から投資を避けていますが、経済が成長し続けているアメリカに投資していないのはリスクと考えました。その結果『投資信託』という選択をしました。

コロナショックによる株価の大暴落を被弾しながらも、積み立ての存在すら忘れ淡々と機械的に買い付けるという気絶投資を行ってきました。果たして積立額と評価損益はどうなったのか!?気絶投資法の魅力と合わせて解説します!

この記事で分かること
  1. SBI・バンガード・S&P500の概略
  2. 1年半毎日300円ずつ買った結果は?
  3. 個人投資家にとっての気絶投資法とは

この記事を書いた人

投資家かっぱ

資産形成に取り組むサラリーマンかっぱ。配当株と成長株のダブル投資戦略により、豊かな資産を築きのんびりと生活するのが夢です。Twitterでも投資に関して呟いています。

* 本記事は特定の商品を推奨するようなものではありません、投資の判断はご自身でお願いいたします 

Sponsored Link

SBIバンガードSP500を1年半積み立てた結果

2019年9月末より積立を開始した『SBI・バンガード・S&P500』が、1年半の積立を完了しました。

投資設定は『毎日300円積立』でしたので、一月あたり23営業日とすると月に6,900円の投資額になります。投資額としては少額ですが、主に日本株投資をしている私にとっては十分な額です。

そして自動積立設定をしたことで、いかなる暴落においても『痛みを全く感じない』、というか『積立の存在を忘れている』という気絶投資法を実行することができました。

気絶投資法は、コロナショックのような安い時にも真顔で淡々と買い続け、結果的に安値でしこむことができるという最強の投資方法であることが立証されました。

2021年3月26日現在の保有資産額は『132,945円』で、運用収益額は+25,436円(+23.7%)となりました。お弁当代よりも安い日々の投資額が、1年半も経つと1ヶ月の手取り給料ぐらいの額にまで膨れ上がりました。

何より評価損益が+23.7%ということで、かなり利回りの良い投資結果となっています。個別株で+23.7%の値幅を取ることは容易ではありませんので、投資信託恐るべし!という結果となりました。

ちなみにSBI・バンガードS&P500を1年積み立てた結果の記事において、運用収益額は81,325円(+4.1%)と報告しています。この半年で収益額がぐんと伸びていることが確認できました。

20年10月→21年3月の変化
  1. 評価額合計:81,325円 → 132,945円
  2. 運用収益率:+4.1% → +23.7%
  3. 運用収益額:+3,224円 → +25,436円

相場の値上がりを味方につけ、評価額を大きく伸ばすことができたことが分かりました。

 

SBIで積立するならクレカ積立がオススメ!
【超お得】インデックス投資信託のクレカ積立でポイントゲットする方法

過去S&P500の相場の振り返り

過去1年間のチャートを確認しておきましょう。

引用元:SBI証券HP(SBIバンガードS&P500ページ)

まず注目すべきは2020年2月21日を境にした基準価格の下落です。これはコロナショックの始まりでした。結局2020年3月24日の7,742円まで価格が下落し、2月21日の11,824円から実に35%もの下落でした。

その後基準価格は回復していきます。2020年9月3日には11,978円まで回復し、一度もみ合いに入りました。しかし11月以降価格は上値を突破しその後最高値を更新し続けています。

この上げ下げの相場の中で気絶投資を行いながら、何も考えずに毎日300円ずつ買い続けたことになります。

  1. 積み立て開始半年でコロナショックの大暴落に巻き込まれる
  2. その後半年かけて価格は回復した
  3. 回復後は揉み合うも高値を突破し成長し続けている
  4. 全ての期間を通して積み立ての存在すら忘れていた
  5. しかし毎日コツコツと自動買い付けが継続されていた

コロナショックの大底でしっかりと購入できたことで、その後の価格成長の利益を享受することができています。感情を抜きにして買い続けることがいかに大事か、よく分かりました。

今後の方針

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。ワクチン接種が始まり、株式市場はアフターコロナを織り込み始めています。しかし本当にコロナが終息するのか、第4波、第5波と次々に感染が押し寄せ、経済活動が停滞するのでは無いか、考えるとキリがありません。

引き続き300円ずつの積み立ては継続し、どちらに転んでも大丈夫な戦略で投資を続けようと思います。当初投資額の増額も考えていたのですが、価格が高値圏にきていることも考慮して、増額は控えることとしました。

引き続き淡々と買い続けます!

SBI・バンガード・S&P500の基本情報

最後にSBI・バンガード・S&P500の基本情報を再確認しておきます。

設定日と運用方針

2019年9月26日から開始された新しいファンドです。正式には『SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』という名称です。

その名の通り、バンガード・S&P500ETFを通して米国市場のインデックスであるS&P500に連動した投資成果を上げる方針を掲げています。

S&P500は米国の『S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス』が算出している代表的な株価指数です。これまでの指数の推移は以下のようになっています。

S&P500の週足チャート

2020年のコロナショックの大きな暴落を経て、指数は上昇を続けています。マクロな視点で見れば右肩上がりの成長であり、コロナショックは完全に買い場であったことが分かります。

買い付け手数料

信託報酬料は0.0938%程度、また信託財産留保額や解約手数料はいずれもなしとなっており、買い付けにかかる手数料が割安な点が魅力的です。

純資産、ランキング、騰落率

2021年7月2日時点でのファンドの純資産額は3089億6400万円となっていました。

本ファンドへの月次資金流出入額を確認すると、2020年10月が61億5800万円の流入でしたが、11月〜2021年7月まで流入額が増加し続けており、4月は214億2300万円の流入、7月は250億5500万円の流入まで膨れ上がり、毎月流入額が増えている状況です。

S&P500指数の値上がりに関連して投資対象として人気度が高まっていることの証では無いかと考えております。値上がりする前に仕込むことがいかに大事かを痛感します。

SBI証券のHPを確認すると、販売件数、販売金額、積立設定件数、NISA販売金額などの各種ランキングに依然として1位にランクインしていました。

2019年9月の設定来の騰落率は2021年9月3日時点で+58.92%と、前回記事を書いた2020年10月末時点の+25.33%からさらに大きく騰がっている状況です。

【超お得】インデックス投資信託のクレカ積立でポイントゲットする方法

さいごに

この記事では投資信託SBIバンガードSP500を1年半積み立てた結果をご紹介しました。

気絶投資は本当に気が楽で、しっかりと結果が出るものです。個別株投資をしていると、下落幅の大きい調整局面などで保有株を売ってしまいがちです。ついつい恐怖に怯えて利益確定をしたり、損切りをしたりしてしまうからです。

これからも感情を切り離して、投資信託で淡々と資産を築き上げたいものです。何か参考になれば幸いです!

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック