株式投資

【原因】株式投資で含み損を抱えてしまう理由:損切りや利益確定を考察

気がついたら証券口座が含み損を抱え、資産が大きく毀損されてしまう。

そんな経験のある人は多いのではないでしょうか。

サイト管理者である@かっぱもその一人です。

自分の経験を踏まえ、含み損を抱えてしまう理由について解説いたします。

この記事を書いた人

投資家かっぱ

資産形成に取り組むサラリーマンかっぱ。配当株と成長株のダブル投資戦略により、豊かな資産を築きのんびりと生活するのが夢。Twitterでも投資に関して呟いています。

Sponsored Link

含み損を抱える理由の考察

含み損を抱えるということは、自分が購入した価格よりも、市場評価額が低いということ。

なぜこのようなことになるのか、振り返ると以下のようなことが考えられます。

原因1:高値で購入してしまった

テーマ株や動意づいた株を勢いで買ってしまうパターン。

『今買わないと乗り遅れる』という心理が働き、割高な状態で掴んでしまうことが原因です。

日頃からの銘柄分析と、明確な自分の判断基準に基づいて購入しなければ、高値をジャンピングキャッチしてしまうでしょう。

原因2:損切りできなかった

下がり続ける株を放置したり、ナンピン買いしたりするパターン。

株式市場では予期しないニュースがつきもの。

突然の悪材料で株価が急落して評価額が購入額を割ってしまった時、損切りの判断ができるかは重要です

損切り貧乏とならないように、狼狽売りは避けるべきです。

下落トレンドに入った銘柄を、ナンピンにより追いかけるのは、上級者をのぞいて危険なことだと思っています。

塩漬けとなって売るに売れないポジションを抱えてしまっては、資金拘束に伴う機会損失もリスクとなってしまいます。

銘柄に見切りをつけることができれば、含み損を抱えるリスクは下がると考えられます。

原因3:利益確定が早すぎる

せっかくの含み益をさっさと確定してしまうパターン。

複数の銘柄に分散している場合、ある銘柄が含み損を抱えようとも、別銘柄の利益により収支がプラスとなる可能性は十分にあります。

それなのに、証券口座が含み損を抱えている原因は、利益確定の早さにあります。

『損切りの判断は慎重』なのに、『利益確定の判断は即決』という経験がある人は多いはずです。

株価上昇のトレンドは天井を打つまでフォローしたいところ。

『損切り判断』『利益確定判断』のアンバランスが、含み損を生み出す可能性は十分に高いと思います。

含み損による塩漬けを避けるために

含み損を抱える原因を踏まえて、塩漬けを回避するための方策を考えます。

方策1:ファンダメンタルズを分析する

業績と株価の割安度をしっかりと分析するようにします。

可能であれば、過熱感のない(PER、PBRが低い)銘柄を買いたいと思います。

ただし直近の株価上昇により、好業績で割安銘柄はほとんど見つけられないのが現状かもしれません。

上昇トレンドをフォローし、割高の銘柄を買い向かう場合、『成長鈍化』『悪材料』には細心の注意を払っておきたいと考えています。

コチラも参考になります
【初心者】投資を始めた頃の自分にオススメする!分かりやすい本7選投資初心者のうちに読んでおきたい、分かりやすい投資本について紹介します。投資哲学や資産形成哲学に関する本、銘柄分析に役立つ指標の解説本、チャート分析の本、金融市場に関する理解が得られる本などをご紹介します。...

方策2:損切りルールの設定

保有銘柄が下落トレンドに突入した場合の損切りルールを設定するようにします。

また『落ちるナイフ』をつかまないよう、ナンピン買いは極力さけ、順張りを意識した投資を行いたいと思います。

分散投資を心がけていれば、損切りをしても、資産全体の毀損は軽症で済みます。
例えば

10%を下回る株価低下が生じ、下落トレンドが継続するようなら損切りをし、上昇トレンドを示す銘柄をフォローする

こんな勇気ある判断ができるようになりたいものです。

方策3:利益確定は慎重に

上昇トレンドにおいて、多少の調整変動で裏されることなく、最後までフォローするようにします。

損切りは慎重に待てるのに、利益確定は行き急いでしまう、そんな癖を直したいところ。

すべての銘柄で上昇トレンドに乗るのは不可能なので、せっかく巡り合ったお宝銘柄にはしっかりとフォローできるように冷静に見守れるようになりたいものです。

さいごに

今回は口座に含み損を抱えてしまいがちな方向けに、自身の経験を踏まえた考察をお届けいたしました。

原因と方策はまだまだ他にもあると思いますが、今回示した3点も非常に重要なポイントです。

損切りや利益確定のタイミングについて適切な対応を取れるどうかが、資産拡大には重要なのだろうと思います。

そのバランスの良し悪しが、投資で成果を出せる人と出せない人の違いであろうと思っています。

本記事が何か参考になれば幸いです!

つみたてNISA

賢く資産形成するなら
浮いたお金をつみたてNISAで投資すれば、節税しながら効率よく資産形成ができます。マネックス証券の開設口座数は188万口座で、100人に1人がマネックス証券を選んでいます。ワンコイン(100円)から投資できることや手数料無料という点が魅力的で選ばれる理由の一つとなっています。

証券会社 マネックス証券
ラインナップ 投資信託の取扱本数は150本以上!自分にあったぴったりの商品が見つかります。
手数料 銀行等の金融機関からの引き落としやマネックス口座への定期的な自動入金の手数料が無料です。無駄な手数料は資産形成の負担になるので、手数料無料はお得です!
特徴 投資信託を保有しているとマネックスポイントが貯まります。貯めたポイントはAmazonギフト券などと交換が可能!『見やすい取引画面』、『豊富な投資情報』、『万全のセキュリティシステム』、『豊富な商品ラインナップ』が特徴の証券会社です。

つみたてNISAを学ぶさっそく口座開設

ネオモバで1株投資
少額で投資をするなら
Tポイントを使って投資ができるという全く新しいタイプの証券サービスです。1株から購入ができるので投資資金が少ない投資初心者も安心して取引ができます。月額サービス料は200円(税引)ですがTポイントを毎月200ポイント貰えるので手数料を抑えられるのが魅力です。
証券会社 【SBIネオモバイル証券】
Tポイント Tポイントを使って株を購入できるので、普段の買い物で貯めたTポイントで資産形成が行えます。もちろん現金でも大丈夫。気軽に始めたい人にとって嬉しいサービスです。
1株から投資 1株から投資ができるので、500円でも株を買えます。例えば僕も保有している高配当株『りそな』『双日』も500円以下の株価なので、ワンコインあれば購入できます
手数料 月の約定代金が50万円以下であれば、手数料200円(税抜)で取引し放題です。毎月Tポイントが200ポイント貰えるので、ネオモバでの株購入に使うことができます。

ネオモバの運用結果配当金が大量到着

LINE証券で自由な取引
スマホ投資するなら
20代投資家が選ぶ『スマホ利用で使いやすい』ネット証券No.1となったLINE証券。1株投資が出来ながらリアルタイム約定ができるなど自由な取引が魅力の一つです。従来の100株単位の投資信用取引にも対応しているなど、個人の投資スタイルに合わせた利用が可能となっています。
証券口座 LINE証券
手数料 なんと買い付け手数料が約定代金に関わらずいつも無料!信用取引手数料は売買ともに無料!いちかぶ(単元未満株)取引では、日中の取引きコストは業界最低水準!
特徴 LINE Payからの即時入出金やLINEポイントを利用した積み立てに対応!1ポイント=1円で利用できます。取引き銘柄は3,700銘柄に対応し、プロが厳選した30の投資信託も売買が可能です!
投資情報 『割安銘柄』や『優待銘柄』など厳選した20以上のLINE証券オリジナルの投資情報が手に入る!決算速報やニュース、業績、アナリスト分析も配信されているので投資方針を立てる際に役立ちます!

 

確定拠出年金(iDeCo)
節税効果を求めるなら
資産形成において重要なのは無駄な支出を減らすことです。無駄な支出の代表格は税金です。確定拠出年金は自分の拠出する掛け金が全額所得控除となり、支払う税金を減らすメリットがあります。確定拠出年金を使うことで老後資金を目的とした資産形成を大きく進めることができます。
証券口座 松井証券ではじめるiDeCo
手数料 運営管理手数料が0円なので、投資初心者でも安心して始められます。投資にかかるコストを抑えて、資産形成を賢く進められます。
ラインナップ 幅広いニーズに応えるために豊かなiDeCo商品ラインナップを取り揃えています。バラエティ豊かな12種類の厳選商品から最適な商品が選べます。
実績 確定拠出年金は長期的な投資です。松井証券は創業から100年続く歴史と実績があり安心して投資に取り組むことができます。

確定拠出年金を学ぶインデックスを学ぶ

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ランキング参加中です!

Sponsored Link
関連記事をチェック