日常生活

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説

ブログをやってみたいけど、実際どのくらい時間がかかるんだろう?お仕事があるから時間が取れないけど、ブログを継続できるだろうか?こんな疑問に答えます。

僕は会社員で平日は朝から晩まで働き詰めですが、1年と9ヶ月で270記事を執筆しました。

この記事では“僕がブログを継続できた理由“を、1記事あたり何文字を執筆し、何分を費やしたのかを交えて具体的に解説していきます。

これからブログを書いてみようと考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事の対象者
  1. これからブログを書きたい人
  2. 時間がなくて、ブログを執筆できるか不安な人
  3. ブログで何文字を書けばよいか不安な人
  4. ブログ執筆にかかる時間を知りたい人
Sponsored Link

ブログ執筆時間は何分?

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説:時間の解説

僕がブログ1記事を書く時間は4時間ほどです。ブログ記事を書くのは案外時間がかかります。4時間の内訳は以下の通り。

1記事の執筆時間
  1. ペルソナ設定:30分
  2. タイトル・見出し設定:30分
  3. 本文執筆:2時間
  4. 画像・アイキャッチ挿入:30分
  5. 推敲・SEO設定:30分

ペルソナ設定

どんな人に読まれる記事を書くのかを設定します。30分くらいかかります。

具体的に人物像をイメージして、メモ帳に特徴を箇条書きにして記します。

時間がかかって大変ですが、ペルソナを設定しておくことで、記事の方向性がぶれません。

クオリティの高い記事を書くには欠かせない作業ですね。

タイトル・見出し設定

タイトルや見出し設定は、検索エンジンからの流入に大事です。やはり30分くらいかかります。

ペルソナ設定で想定している読者が検索するであろうキーワードを含むようにタイトルや見出しを設定しています。

あまりに長いタイトルや見出しをつけられないので、最小限の文字数でキーワードを含むように考えるので、案外時間がかかってしまう作業です。

本文執筆

いよいよ本文。タイトルや見出しが決まっているので、肉付けするようなイメージで文章を書きます。2時間くらいかかります。

あまり長くなりすぎないように、冗長な言い回しを避けて記事執筆を心がけます。

強調のデザインやテーブルなどを用いて、読みやすい構成に仕上げます。

画像・アイキャッチ挿入

文章だけの記事は読む気が起きません。だから画像を挿入します。僕はタイトル下に挿入するようにしています。

それから記事を表現するアイキャッチを挿入します。SNSに投稿する際など、目に留まりやすいデザインとなるように工夫しています。アイキャッチはCanvaというサイトで作ることが多いです。

画像を探したり、デザインしたりは結構時間がかかり、30分はくだりません。画像関係の業務は外注する人もいるくらいです。

推敲・SEO設定

書きたての文章は誤字脱字があったり、言い回しが冗長だったりします。読みにくい文章は読者の離脱につながるため、推敲はとても大事です!

そして検索流入が少しでも増えるよう、SEO設定を行います。キーワードを設定したり、メタディスクリプションを設定したりします。全部で30分くらいかかります。

 

ブログ内容と文字数

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説:内容と文字数

270記事に到達し、どのような内容のブログを執筆したか、そして文字数はどのくらい執筆したかを紹介します。

人気記事を振り返り、その内容や文字数を振り返ってみようと思います。

270記事の内訳

270記事の内訳は以下の通りになりました。

270記事の内訳
  1. ふるさと納税:13記事
  2. 日常生活:82記事
  3. 株式投資:137記事
  4. 資産形成:38記事

株式投資カテゴリ

運営している4カテゴリの中で、最も多くの記事を書いているのが株式投資のカテゴリです。日々の投資記録をメインに発信しています。

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説:株式投資の記事

 

資産形成カテゴリ

株式投資以外にも、投資信託や生命保険など、資産形成に役立つまとめも発信しています。

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説:資産形成の記事

 

日常生活カテゴリ

日常生活で役立つライフハックについてもまとめており、日常生活というカテゴリで82記事を書きました。

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説:日常生活の記事

人気記事の内容と文字数

このブログでは以下の記事が人気です。主に検索流入によるアクセスとなっています。

人気No.1 

【株式投資】僕が実践しているグロース株の探し方:勉強した本の紹介

グロース株を探す方法について、僕の実践している方法を紹介した記事です。また勉強に役立つ本も紹介することで、自分で勉強したい人にも役立つ内容に仕上げました。

文字数:6,247文字

 

人気No.2

S&P500に1年投資した結果を紹介

【米国株】投資信託SBIバンガードSP500を1年積み立てた結果

投資信託を継続して積み立てした結果を報告している記事。実際の投資成績を公開しており、具体的にどのくらい資産が増えたの?が分かる内容になっています。

文字数:4,321文字

 

人気No.3

僕がIPO投資を辞めた理由

時間の無駄!僕がIPO投資を辞めた理由|ズバリ当たらないからです

IPO投資という当たれば大きく儲かる投資を辞めた理由に解説した記事です。IPO投資に当たらなくて悩んでいる読者に向けた内容になっており、辞めるきっかけを探している人に向けて書いた記事です。

文字数:1,915文字

 

人気No.4

CAN-SLIMでEPS成長率を分析して成長株をスクリーニング

CAN-SLIMスクリーニング|EPSの増加に着目して銘柄分析!

CAN-SLIMというグロース株探索に役立つ手法について、実際に活用してみた事例を紹介した記事です。具体例で解説しているので分かりやすく、実践に役立つように工夫して書きました。

文字数:4,086文字

 

人気No.5

ネオモバで配当金が大量に到着!

【ネオモバ】配当金が大量到着:1株投資のインカムゲインで資産形成

ネオモバという1株投資でゲットした配当金について報告した記事です。毎日のように着弾する配当金を写真付きで紹介し、配当金で資産形成する様子を掲載しています。

文字数:5,821文字

 

人気No.6

グアンチャーレのレシピ

【レシピ】自家製グアンチャーレを作る:豚トロ肉で簡単美味しい

こちらはライフハック系の大人気記事。豚トロ肉を塩漬けして作るグアンチャーレのレシピ紹介。普段は作ることのないグアンチャーレということもあり、写真たっぷりのレシピ記事が役に立てばと思い執筆しました。

文字数:4,800文字

 

どうですか?文字数が多い記事も、少ない記事もありました。

つまり文字数はアクセス増に関係がなさそうです。

過去に10,000字を超える力作を書きましたが、全然アクセス増加につながりませんでした。

 

6つの記事に共通しているのは、実体験に基づいた記事になっていることでしょうか。

読者が気になっていることを、実際にやってみた経験に基づいて解説した記事が伸びるような傾向があると思います。

ブログの勉強に役立つ本

ブログ執筆時間は何分?270記事を書いたブログ内容と文字数も解説:役立つ本

最後にブログの勉強に役立つ本を紹介します。ブログを始めるときや、行き詰まった時に振り返って読みたい本をまとめますので、ぜひ参考にしてくださいね!

タイトル・内容
読まれる・稼げる ブログ術大全

プロブロガーのヨスさんのブログ本。色んなブロガーの記事の特徴を事例に、どんな記事が読まれるのか・稼げるのかを解説しているので、実際に記事を書く際の参考になりますよ!

ブログ術大全|ブログ初心者を脱したい僕が役に立った本を紹介!

 

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

プロブロガー染谷さんによるブログ本。ブログでご飯を食べていこうと考えている人にオススメ!ブログで稼ぐことがいかに難しいか痛感させられるので、ブログ執筆の心構えが身につく一冊になっています!

「ゆる副業」のはじめかた アフィリエイトブログ スキマ時間で自分の「好き」をお金に変える!

SNSで有名なヒトデさんによるアフィリエイトブログの解説本です。本を読むのが苦手な人でも読みやすい作りになっており、さすがブロガーの本だなと思いました。文章術やアフィリエイトの取り組み方が分かるので、ブログを収益化したい人にオススメです!

副業・在宅OK、未経験からはじめられる 「文章起業」で月100万円稼ぐ!

藤原将さんによる文章術の解説本。ブログだけに特化した本ではないですが、ライターとしてどんな文章を書けば良いかを勉強することができます。読まれる文章を書かないと、ブログから読者が離脱します。文章力は必須のスキルですよ!

 

さいごに

ブログも270記事に到達し、普段の執筆にかかる時間、記事の文字数、人気記事の内容についてご紹介しました。

これからもブログを通して情報発信を頑張りたいと思います!ブロガーの皆さん、これからブログを始める皆さん、共に頑張りましょう!

本ブログで記載している内容は全て個人の考えを示したものです。投資にはリスクが伴います。
特定の銘柄や事柄を推奨しているものではありませんのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村
☝️ブログ村もお願いします!

Sponsored Link
関連記事をチェック